ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、調査記録、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

ウマノスズクサ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

       

ウマノスズクサ Aristolochia debilisウマノスズクサウマノスズクサ属) ●食草とする幼虫のチョウ種:ジャコウアゲハアゲハチョウ科

つる性の多年草で、川土手、道ばた、林縁などいたるところに生えます。茎は長さ 2–3 m になり、よく分枝し、他の植物などに絡みつく性質がありますが、細いので折れやすく、先の方はちぎれやすいです。地上部は毎年枯れますが、地下茎がしっかり残っていて、すぐに芽を出します。ゆるむしの森では少なくとも2カ所群生しています。

ウマノスズクサは独特の臭気をもち、アリストロキア酸という毒性の強いアルカロイドを含みます。ジャコウアゲハの幼虫はこの葉や茎を食べて毒を溜める性質があり、鳥などの捕食から身を守っています。

ジャコウアゲハの幼虫は茎を食べ、食いちぎる性質があるので、小さな株だとすぐに枯れてしまいます。そのため、複数の幼虫が同時に成長するためには、割と豊富な量のウマノスズクサが必要です。ジャコウアゲハは年 3〜4 回発生し、11 月まで幼虫がみられます。

1 化目の成虫は 4 月中旬から下旬にかけて羽化し、5 月に入ると産卵行動に入ります。卵(オレンジ色を呈する)は葉の裏側に1個ずつ、株を変えながら、あるいは時間を変えながら繰り返し産みつけられます。

関連記事:

2022.10.08 ウマノスズクサの観察

2023.09.10 ジャコウアゲハの産卵

       

カテゴリー:チョウの食草と食樹

メダケ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

       

メダケ Pleioblastus simonii(イネ科メダケ属) ●食草とする幼虫のチョウ種:タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ、クロコノマチョウ、セセリチョウ科イチモンジセセリ、チャバネセセリ、オオチャバネセセリ、コチャバネセセリ、キマダラセセリ

多年生常緑ササの一種で、高さは 3〜8 m になります。和名は「タケ」ですが、いわゆるササの一つです。湿気を好み、河川敷や海辺の丘陵などで群落を作ります。水田地帯の民家付近に植えられていたものが野生化し、とくに休耕田で群生する場合があります。ゆるむしの森にまとまって存在するメダケ林はこの例です。

伐採管理を怠るとまたたく間に広がっていく厄介者ですが、真夏のメダケ林の傍や中では、周辺の気温より 数度低くなるなど冷却効果があります。ゆるむしの森では、メダケ林が森全体の保湿と冷却に貢献していると考えられます。

ゆるむしの森での多様なジャノメチョウ亜科、セセリチョウ科のチョウの生息は(上記ではクロヒカゲのみ生息せず)、メダケ林に支えられています。

       

カテゴリー:チョウの食草と食樹

シラカシ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

      

シラカシ Quercus myrsinifolia(ブナ科コナラ属) ●食樹とする(葉を食べる)幼虫のチョウ種:ムラサキシジミシジミチョウ科

常緑高木で、高さ 20 m ほどになります。いわゆるカシ類の一種で、秋にドングリが生ります。樹皮は灰茶褐色で、平滑または縦に並んだ皮目があり、ザラザラしていますが、割れ目はありません。和名は材が白いことに由来します。

ムラサキシジミ以外では、アカシジミが食樹とすることがありますが、この森での目撃例はまだありません。

ゆるむしの森のコア領域にはまだ低木しかありませんが、周辺の屋敷林や隣接する神社境内に高木が点在します。周年を通じて、葉上にムラサキシジミの成虫がとまっている姿を見ることができます。

      

カテゴリー:チョウの食草と食樹

チヂミザサ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

      

チヂミザサ Oplismenus undulatifolius(イネ科チヂミザサ属) ●食草とする幼虫のチョウ種:タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科ヒメジャノメ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、クロコノマチョウ、セセリチョウ科キマダラセセリ

イネ科の多年草で、葉の形がササに似ていて、波をうつような縮んだようなしわがあることからこの名前があります。林の中の少し陽がさすような場所に発生することが多く、地面に這うように広がって生育します。秋に花が咲き、茎の一部が立ち上がって高さ 30 cm ほどの穂になります。開花時の雌しべの柱頭の羽毛状の毛や紫色の葯が目立ちます。

上記のチョウ種のなかで、コジャノメはまだ「ゆるむしの森」では目撃していません。

      

カテゴリー:チョウの食草と食樹

アキニレ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

       

アキニレ Ulmus parvifolia(ニレ科ニレ属) ●食樹とする(葉を食べる)幼虫のチョウ種:ヒオドシチョウタテハチョウ科タテハチョウ亜科

落葉高木で、樹高 10~15 m になります。樹皮は灰色~灰褐色で、不規則な鱗片状に剥がれてまだら模様となります。亜高木には樹皮に赤い粒々があります。葉は濃緑色で、厚みがあり、やや硬く、丸みを帯び、全体に鋸歯があります。他の落葉樹と比べると成長はやや遅いです。ゆるむしの森では最も多く見られる樹木です。

シータテハやカラスシジミの食樹にもなりますが、これらのチョウは山地性で、この地域(埼玉県中央・東部)には生息していません。

アキニレの葉にはアキニレヨスジワタムシ(アブラムシ科タマワタムシ亜科)が虫こぶをつくります。鮮やかな赤い葉瘤でアキニレハフクロフシとよばれています(以下写真右)。

秋になると淡い緑色の実がなります。

ゆるむしの森にはアキニレがたくさんあるせいか、様々なチョウが葉上にとまる姿を目撃できます。

アキニレの特徴の一つは、樹液が豊富なことです。ヤナギ類とともに、虫たちの樹液レストランの場になります。5月から夏にかけて、タテハチョウの仲間、スズメバチ、甲虫類などがたくさん集まります。クワガタやカミキリムシは幹に穴を開けて入り込みます。

        

カテゴリー:チョウの食草と食樹

ハンノキ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

          

ハンノキ Alnus japonica(カバノキ科ハンノキ属) ●食樹とする(葉を食べる)幼虫のチョウ種:ミドリシジミシジミチョウ科

落葉高木で、高さ10~20mになります。日本全国および東アジアに局地的に分布します。湿気の多い低地,湿地に生える耐水性の樹木で、水田の周囲や水田耕作放棄地に繁殖する例が多く見られます。ゆるむしの森のハンノキ林もこの例です。

アクチノミセス門(Actinomycetota)の窒素固定細菌であるフランキア菌と共生しており、痩せ地でも旺盛に生育します。

6月になると葉上に羽化しばかりのミドリシジミの成虫を見ることができます。早春には越冬卵からふ化した幼虫の姿を葉上や枝上に見ることができますが、すぐに葉を巻いてそのなかに隠れて過ごすようになります。

冬〜早春の落葉したハンノキの林と新緑の林は対照的な趣があります。

ハンノキは、また、オナガミズアオ(チョウ目ヤママユガ科)の食草になります。主幹の樹皮の間に産みつけられた卵を観察することができます。

        

カテゴリー:チョウの食草と食樹

ヤナギ類

カテゴリー:チョウの食草と食樹

          

カワヤナギ Salix gilgiana(ヤナギ科ヤナギ属) ●食樹とする(葉を食べる)幼虫のチョウ種:コムラサキタテハチョウ科コムラサキ亜科

落葉小高木で、高さ 3〜10 m になります。ゆるむしの森では最も多いヤナギで、コムラサキの幼虫が最もよく発生します。樹液も豊富で、甲虫類やスズメバチが集まります。

ヤナギ類の樹皮はゴツゴツしていて、コムラサキの幼虫はこの樹皮の隙間に身をひそめて越冬します。越冬幼虫の大きさは 10 mm 弱で、保護色になっているので、目を凝らさないと見つけられません↓。

          

マルバヤナギ Salix chaenomeloides(別名:アカメヤナギ、ヤナギ科ヤナギ属) 食樹とする(葉を食べる)幼虫のチョウ種:コムラサキタテハチョウ科コムラサキ亜科

落葉高木で、高さ 10〜20 m になります。ヤナギ類の葉は一般的に細長いですが、マルバヤナギはその名のとおり、葉が丸みを帯びた楕円形で、縁には小さな鋸歯があります。

果実は6月頃に裂開し、白い綿毛に包まれた小さな種子を飛ばします。初夏にはふわふわとした雪のように舞う姿が見られます。若葉は赤味を帯び、別名アカメヤナギの由来になっています、

他のヤナギと同様、樹液が豊富でタテハチョウ科の仲間、クワガタムシなどの甲虫類、スズメバチなどがよく集まります。

          

カテゴリー:チョウの食草と食樹