ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

アゲハチョウ科

2022.10.11更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」および周辺エリアで、これまで観察できたアゲハチョウ科 Papilionidae のチョウは6種です。ここでは撮影できた4種を載せます。目撃頻度は:稀 (+)、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表します。

                 

アゲハチョウ亜科 Papilioninae

アゲハチョウ(ナミアゲハPapilio xuthus

●前翅長:38–60 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:ミカン、カラタチ、サンショウなどのミカン科植物

                 

キアゲハ Papilio machaon

●前翅長:38–65 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:ハマウド、シシウド、ノダケなどのセリ科植物、ニンジン、ミツバ、アシタバ、パセリなど

                 

アオスジアゲハ Graphium sarpedon

●前翅長:35–45 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:クスノキタブノキ、イヌガシ、ニッケイなどのクスノキ科植物


                 

ナガサキアゲハ  Papilio memnon

●前翅長:60–80 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:ミカン、ユズ、カラタチ、サンショウなどのミカン科植物

                 

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ