ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

カテゴリー別記事

f:id:yurumushinomori:20211123125452j:plain

            

リンク:

ゆるむしの森プロジェクト

日本自然保護協会

日本鱗翅学会

日本蝶類学会

日本蝶類科学学会

日本昆虫学会

日本生態学会

埼玉県レッドデータブック動物編2018

10月のゆるむしの森ー低幼木を中心に

カテゴリー:樹木と草本

「ゆるむしの森」にはたくさんの樹木が生えており、これまで40種類以上を確認しています。樹高 10 mを超える高木はハンノキ、アキニレ、エノキ、ムクノキ、クワ、ハリエンジュ、ヤナギ類など10種にもなりませんが、樹高 3 mに満たない低幼木はたくさんの種類を確認しています。10月に入ってから観察した高木、亜高木の様子は別ページで紹介していますが(→10月のゆるむしの森ー樹木を中心に)、ここでは低幼木を中心に載せたいと思います。

ゆるむしの森の周辺には屋敷林や神社の森があり、ケヤキシラカシクスノキなどの高木が生えています。また200 mほど離れたところには、クヌギ、イヌシデなどの高木を含む雑木林があります。ゆるむしの森の植生は、おそらくこれらの影響と思われる低幼木が多く観察されます。

まずはブナ科コナラ属の低幼木です。森全体にクヌギが点在し、数えただけでも20本以上はありました。野鳥がドングリを運んで落としているのでしょう。写真1および2は、それぞれ草地、ハンノキの森に生えるクヌギ低木(樹高 2 m前後)を示します。

写真1 草地に生えるクヌギ Quercus acutissima(ブナ科コナラ属)の低木(2022年10月3日)

写真2 ハンノキの森の中に生えるクヌギ低木(2022年10月3日)

森の中には 3 mを超えるクヌギがあったのですが、6月のヒョウを伴う豪雨で折れてしまい、残念ながら枯れてしまいました。

写真3はコナラの低木です(樹高 1.5 m)。1 m以上のコナラの低幼木も10本以上は生えています。

写真3  コナラ Quercus serrata(ブナ科コナラ属)の低木(2022年10月3日)

ゆるむしの森は落葉広葉樹の森であり、これまで常緑のブナ科高木は確認していませんが、低木ではアラカシを確認しています(写真4)。今のところ、確認しているのはこの1本のみです。低幼木は、適宜支柱でユルく固定しています。

写真4  アラカシ Quercus glauca(ブナ科コナラ属)の低木(樹高 1.3 m)(2022年10月3日)

加えて、シラカシの幼木が数本見つかっています(写真5)。森の西側には神社があり、境内にシラカシの高木がありますので、そこからの影響でしょう。

写真5  シラカシ Quercus myrsinifolia(ブナ科コナラ属)の幼木(2022年10月3日)

あと、この森の周辺には、マテバシイは全く見当たらないのに、どういうわけか幼木を3本確認しています(写真6)。マテバシイは南方系のブナ科植物で、九州や四国にしか自生していませんが、最近では関東でも公園の植栽によく使われている樹木です。近くに公園があるので、そこからドングリが飛来してきたのでしょうか。

写真6  マテバシイ Lithocarpus edulis(ブナ科マテバシイ属)の幼木(2022年10月3日)

ケヤキ(ニレ科)は1–2 mのものが数本見られます(写真7)。森の脇にはケヤキの並木がありますので、その影響でしょう。

写真7  ケヤキ Zelkova serrata(ニレ科ケヤキ属)の幼木(樹高 1.5 m)(2022年10月3日)

写真8はイヌシデ(カバノキ科)の幼木で、これまで3本確認しています。これも森の外周にはない木ですが、近くの屋敷林に高木が見られます。

写真8  イヌシデ Carpinus tschonoskii(カバノキ科クマシデ属)の幼木(樹高 1.2 m)(2022年10月3日)

写真9、10は、ミズキ(ミズキ科)です。昨年紹介した幼木ですが(→森の中の幼木)、1年で樹高 3 m近くになりました。森の中には3本確認し、南側のはずれには高木があります。

写真9  ミズキ Cornus controversa (ミズキ科ミズキ属)の低木(樹高 3 m)(2022年10月3日)

写真10  ミズキの幼木(樹高 1 m)(2022年10月3日)

これも昨年も紹介しましたが、オニグルミ(クルミ科)の低幼木を3本確認しています。1年間でかなり成長し、1.5 mほどになりました(写真11)。この木もどこからやってきたのかよくわかりません。森の近くには高木を確認していません。オナガシジミの食草として知られています。

写真11  オニグルミ Jaglans mandshuricaクルミクルミ属)の幼木(樹高 1.5 m)(2022年10月3日)

写真12はカキノキ(カキノキ科)です。樹高 2 m前後の低木があちこちに生えています。

写真12  カキノキ Diospyros kakiカキノキ科カキノキ属)の低木(樹高1.8 m)(2022年10月3日)

写真13は、落葉低木のイボタノキ(モクセイ科)です。ブッシュの中に数本生えていて、気をつけないと踏みつけてしまいそうです。ウラゴマダラシジミやイボタガの食草として知られています。

写真13  イボタノキ Ligustrum obtusifolium(モクセイ科イボタノキ属)の幼木(樹高 1 m)(2022年10月3日)

森の中には、イロハモミジ(ムクロジ科)の幼木がたくさん見つかりますが、なかなか育ちません(大部分が夏枯れしてしまいます)。写真14はその中でも何とか成長した株です。

写真14  イロハモミジ Acer palmatumムクロジ科カエデ属)の幼木(樹高 1 m)(2022年10月3日)

昨年も紹介しましたが、森の中には落葉低木のヒメウツギアジサイ科)が生えていて、初夏になると白い可憐な花を咲かせます。少しずつ増えているようで、今日も1本みつかりました。

写真15 ヒメウツギ Deutzia gracilisアジサイ科ウツギ属)の幼木(2022年10月3日)

写真16は、つる性落葉低木のサルトリイバラ(別名:サンキライ)です。森の草地部分に数株見つけました。晩秋にかけて 1 cm弱の朱赤色の赤い実をつけます。タテハチョウ科ルリタテハの食草として知られています。

写真16  サルトリイバラ Smilax china(サルトリイバラ科サルトリイバラ属、旧分類ではユリ科シオデ属)(2022年10月3日)

これもつる性低木ですが、スイカズラスイカズラ科)です(写真17)。昨年も紹介しましたが、森の中のあちこちに生えていて、初夏には香水のようないい香りがする白い花を咲かせます。森の中には、タテハチョウ科のイチモンジショウやアサマイチモンジがたくさん見られますが、これらの生育を支える貴重な食草です。

写真17  スイカズラ Lonicera japonicaスイカズラスイカズラ属)(2022年10月3日)

最後はムラサキシキブです(写真18)。シソ科の落葉低木で、日本各地の林などに自生しています。果実が紫色で美しいので観賞用に栽培されている木です。

写真18  ムラサキシキブ Callicarpa japonica(シソ科ムラサキシキブ属)の幼木(樹高 1 m)(2022年10月3日)

以上、ゆるむしの森の低幼木のいくつかを紹介してきました。残りの種や新しく見つかったものについても随時紹介していきたいと思います。

              

カテゴリー:樹木と草本

10月のゆるむしの森ー樹木を中心に

10月の入り、「ゆるむしの森」でもちょっぴり秋の様相を呈してきました。ここでは今の時期の森の様子を、樹木を中心に紹介したいと思います。

まずは、森の北西部の入り口にあるハンノキの高木です(写真1、2)。樹高 20 mに達するこのハンノキはゆるむしの森のシンボル的存在です。2019年の台風でだいぶ枝折れしましたが健在です。おそらく、この森のハンノキ群生の起点になった樹木だと思われます。

写真1  ハンノキの高木(2022年10月3日)

写真2  ハンノキの高木の主幹(2022年10月3日)

北西の入り口からハンノキの森に入っていきます(写真3)。

写真3  ハンノキの森の入り口からの観察路(2022年10月3日)

ハンノキの森に入ると、樹高 10 m を超える約40本のハンノキが群生しており、ミドリシジミオナガミズアオなどのチョウ目昆虫の生息を支えています。写真4、5はそのうちの1本を示します。

写真4  ハンノキ(2022年10月3日)

写真5  ハンノキの主幹と葉(2022年10月3日)

ハンノキの森を抜けて南側に出ると、草地が広がっており、ところどころにハンノキの孤立木が見られます。写真6はこれもシンボル的なハンノキのツインタワーです。草地ではセイタカアワダソウの侵入が著しく、定期的に引き抜きを行なっています。春の様子(写真7)と比べると、繁茂ぶりがよくわかります。

写真6  ハンノキのツインタワー(2022年10月3日)

写真7  ハンノキのツインタワー(2022年4月30日)

写真8は、南側の草地からハンノキの森を見たところです。ヨシの穂が秋を感じさせます。

写真8  ヨシが生える草地からみたハンノキの森(2022年10月3日)

ハンノキの森の東側は水田になっています。写真9は、稲刈り後の水田(新たな苗が植えられています)からハンノキの森を見たところです。右側の樹木はマルバヤナギです。

写真9 水田から望むハンノキの森(2022年10月3日)

ハンノキの森には数本のマルバヤナギが混在しています。森の東端には樹高 10 m を超えるマルバヤナギが生えています(写真10、11

写真10  ハンノキの森の東端に生えるマルバヤナギ(2022年10月3日)

 写真11  マルバヤナギの主幹と葉

マルバヤナギは6月から7月にかけて新葉が紅葉するので、別名アカメヤナギともよばれます(写真12)。初夏には発生する綿毛が飛散して、森全体が吹雪のような感じになります。

写真12  マルバヤナギの紅葉(2022年7月7日)と綿毛(2022年5月18日)

この森にはマルバヤナギのほかにカワヤナギがたくさん生えており、これらのヤナギ類が、タテハチョウ科コムラサキの生息を支えています(写真13)。

写真13  ハンノキの森の西端に生えるカワヤナギ(2022年10月3日)

ゆるむしの森の南西側には、北側のハンノキの森と草地を隔ててメダケ林があります。写真14はそのメダケ林の北端にある樹高 7 mのクワです。クワの木はこの森に点在しています。

写真14  クワの木(2022年10月3日)

このクワの木は、東側のアキニレの森に続く観察路の入り口になっています(写真15)。右側にメダケが見えます。

写真15  ゆるむしの森西側の観察路の入り口(2022年10月3日)

メダケ林を右手に見て抜けると、樹高約 8 mのムクノキがあります(写真16、17)。ムクノキもこの森に点在します。


写真16  ムクノキ(2022年10月3日)

写真17  ムクノキの主幹と葉(2022年10月3日)

ムクノキの南側には、アカメガシワの低木(樹高約 5 m)があります(写真18、19)。

写真18  アカメガシワ(2022年10月3日)

写真19  アカメガシワの主幹と葉(2022年10月3日)

アカメガシワのすぐ南側にはエノキの低木が生えています(写真20)。樹高約 6 mです。左手にアカメガシワ、右手にムクノキが見えています。

写真20 エノキ(2022年10月3日)

エノキは、この森においてハンノキ、アキニレに次いで多い樹木で、あちこちに点在しています。写真21、22は、水田の東側にある混成の森(アキニレ、エノキ、カワヤナギ、ムクノキ、クワが混在)にあるエノキの一つ(樹高 8 m)です。

写真21  エノキ(2022年10月3日)

写真22  エノキの主幹と葉(2022年10月3日)

一部のエノキ(樹高 5 m)はもう紅葉していました(写真23)。

写真23  紅葉したエノキ(2022年10月3日)

最後はアキニレです。ゆるむしの南東側には、ほぼアキニレ(樹高 10 m程度)から成る森があり、夏になるとたくさんのクワガタムシが見られます。写真24は、枝先の葉を下から見た写真で、ツマグロヒョウモンがとまっていました。

写真24  アキニレの枝先の葉(2022年10月3日)

ゆるむしの森に見られる低幼木については別のページで紹介したいと思います。

            

カテゴリー:樹木と草本

ゆるむしの森の遠景

「ゆるむしの森」は関東平野のど真ん中(埼玉県東部)にあります。周囲は水田地帯です。ここでは、初夏から初秋に向けて変化する、水田のあぜ道から見たゆるむしの森の遠景を紹介します。

最初は、田植えが終わった後の水田(北側)からみたゆるむしの森の遠景です(写真1)。右側(東側)にハンノキの森、中央奥にアキニレの森、左側(西側)にアキニレ、エノキ、ヤナギ類が混成する森が見えています。

写真1  ゆるむしの森の遠景(2022年5月12日

写真2は、一ヶ月後の同じ位置からの風景です。イネの苗が青々としてきました。

写真2  ゆるむしの森の遠景(2022年6月13日

写真3は、さらに一ヶ月半後の風景で、少し角度を変えて撮影しています。イネが育ち、稲穂が風で揺れるようになってきました。

写真3  ゆるむしの森の遠景(2022年7月30日

写真4は、9月に入って稲刈りが終わった後の風景です。

写真4  ゆるむしの森の遠景(2022年9月26日

写真5は、畑地から見たハンノキの森の近景です。ところどころにエノキ、アキニレ、ヤナギ類が点在しています。

写真5  ゆるむしの森の遠景(2022年9月16日

9月下旬になっても一部の水田にはまだ刈られていないイネが残っていました(写真6)。

写真6  水田の稲穂とゆるむしの森の遠景(2022年9月26日

              

カテゴリー:日記・その他

セセリチョウ科

2022.10.03更新  ゆるむしの森のチョウ

セセリチョウ科 Hesperiidae に属するチョウは、これまで5種を確認しています。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

チャマダラセセリ亜科 Pyrginae

ダイミョウセセリ Daimio tethys 

●前翅長:16–22 mm  ●時期:4–10月  ●目撃頻度:++

                   

セセリチョウ亜科 Hesperiinae

イチモンジセセリ Parnara guttata

●前翅長:15–21 mm  ●時期:5–11月  ●目撃頻度:+++

                   

チャバネセセリ Pelopidas mathias

●前翅長:14–21 mm  ●時期:5–11月  ●目撃頻度:++

                   

オオチャバネセセリ Zinaida pellucida

●前翅長:15–21 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  ●埼玉県准絶滅危惧2型(NT2)[1]

                   

キマダラセセリ Potanthus flavus

●前翅長:13–17 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:+

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018>昆虫類 チョウ目チョウ類 https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

シジミチョウ科

2022.10.03更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」に生息するシジミチョウ科 Lycaenidaeのチョウは、これまで9種を確認しています。ここでは、そのうちの7種の画像を示します。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++で表しています。

                   

ウラギンシジミ亜科 Curetinae

ウラギンシジミ Curetis acuta

●前翅長:20-27 mm  ●時期:3–4月(越冬型)、6–10月  ●目撃頻度:++

                   

シジミチョウ亜科 Lycaeninae

ミドリシジミ Neozephyrus japonicus

●前翅長:18-23 mm  ●時期:6–7月  ●目撃頻度:+  ●埼玉県準絶滅危惧1型(NT1)[1]

                   

ムラサキシジミ Arhopala japonica

●前翅長:16-22 mm  ●時期:3–4月(越冬型)、6–10月  ●目撃頻度:++

                   

ベニシジミ Lycaena phlaeas

●前翅長:14-19 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++

                   

ルリシジミ Celastrina argiolus

●前翅長:13-19 mm  ●時期:3–10月  ●目撃頻度:++

                   

ツバメシジミ Everes argiades

●前翅長:10-18 mm  ●時期:4–10月  ●目撃頻度:+++

                   

ヤマトシジミ Zizeeria maha

●前翅長:10-16 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++

                   

ウラナミシジミ Lampides boeticus

●前翅長:13-19 mm  ●時期:8–11月  ●目撃頻度:+++

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018>昆虫類 チョウ目チョウ類 https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

タテハチョウ科ージャノメチョウ亜科・テングチョウ科

2022.09.25更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」においては、ジャノメチョウ亜科 Satyrinae のチョウ5種の生息を確認しています。ここではそのうち4種の画像を載せます。テングチョウ亜科は国内産として1種のみが知られていますが、ゆるむしの森でも稀ですが目撃できます。目撃頻度は:稀 (+)、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

ヒメジャノメ Mycalesis gotama

●前翅長:19–30 mm  ●発生時期:5–10月  ●目撃頻度:+++

                   

ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)Lethe sicelis

●前翅長:19–30 mm  ●発生時期:5–10月  ●目撃頻度:+++

                   

サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii

●前翅長:28–39 mm  ●発生時期:5–9月  ●目撃頻度:+++

                   

クロコノマチョウ Melanitis phedima

●前翅長:35–45 mm  ●発生時期:3–11月  目撃頻度:+

                   

テングチョウ Libythea lepita

●前翅長:20-29 mm  ●発生時期:3–11月  目撃頻度:(+)

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

タテハチョウ科ードクチョウ亜科・テングチョウ亜科

2022.09.27更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」で生息を確認したドクチョウ亜科およびテングチョウ亜科のチョウは、それぞれ1種のみです。

                   

ドクチョウ亜科 Heliconiinae

ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius

●前翅長:29–38 mm  ●時期:4–10月  ●目撃頻度:++

                   

テングチョウ亜科 Libytheinae

テングチョウ Libythea lepita

●前翅長:20–29 mm  ●時期:3-6月、9–11月  ●目撃頻度:(+)

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ