ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、調査記録、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

ウマノスズクサ

カテゴリー:チョウの食草と食樹

       

ウマノスズクサ Aristolochia debilisウマノスズクサウマノスズクサ属) ●食草とする幼虫のチョウ種:ジャコウアゲハアゲハチョウ科

つる性の多年草で、川土手、道ばた、林縁などいたるところに生えます。茎は長さ 2–3 m になり、よく分枝し、他の植物などに絡みつく性質がありますが、細いので折れやすく、先の方はちぎれやすいです。トランプのスペードを少し長くしたような、かつ先端が丸みのある葉をつけるのが特徴です。地上部は毎年枯れますが、地下茎がしっかり残っていて、すぐに芽を出します。ゆるむしの森では少なくとも 2 カ所群生しています。

ウマノスズクサは独特の臭気をもち、アリストロキア酸という毒性の強いアルカロイドを含みます。ジャコウアゲハの幼虫の食草になりますが、幼虫はこの葉や茎を食べて毒を溜める性質があり、鳥などの捕食から身を守っています。

ジャコウアゲハの幼虫は茎を食べ、特に終齢幼虫は食いちぎる性質があるので、小さな株だとすぐに枯れてしまいます。そのため、複数の幼虫が同時に成長するためには、豊富な量のウマノスズクサが必要です。ジャコウアゲハは年 3〜4 回発生し、11 月まで幼虫がみられます。

1 化目の成虫は 4 月中旬から下旬にかけて羽化し、5 月に入ると産卵行動に入ります。卵(オレンジ色を呈する)は葉の裏側に1個ずつ、株を変えながら、あるいは時間を変えながら繰り返し産みつけられます。

関連記事:

2022.10.08 ウマノスズクサの観察

2023.09.10 ジャコウアゲハの産卵

       

カテゴリー:チョウの食草と食樹