ゆるむしの森プロジェクト

ビオトープ「ゆるむしの森」の観察、運営活動を中心とする情報ブログ

秋の昆虫ーアサマイチモンジを初目撃

9月初めの長雨が続いたせいか、ここにきてだいぶ秋めいてきました。ゆるむしの森では、アキニレやヤナギの樹液レストランも閉店じまいで、沢山訪れていた昆虫たちもすっかり見られなくなりました。

それでも、依然としてたくさんのチョウが舞う姿は見ることができます。この日も、相変わらずコムラサキやキタテハ(写真1)が飛んでいました。

f:id:yurumushinomori:20211124233530j:plain

写真1. キタテハ Polygonia c-aureum(2021年9月29日)

今日うれしかったのは、アサマイチモンジを今年初めて見られたことです(写真2)。昨年、チラっと見かけたのですが、同定に確信がないままずうっと気になっていました。森内にスイカズラ(イチモンジの食草)を見かけていたので、きっと発生しているにちがいないと思っていましたが、それが今日現実のものとなりました。

f:id:yurumushinomori:20211124234215j:plain

写真2. ムクノキの葉上にとまるアサマイチモンジ Limenitis glorifica(2021年9月29日)

このほか、ナミアゲハキタキチョウ、モンシロチョウ、ヒカゲチョウヤマトシジミ、ウラナミシジミ写真3)、イチモンジセセリなどを目撃することができました。

f:id:yurumushinomori:20211124234316j:plain

写真3. ウラナミシジミ Lampides boeticus(2021年9月29日)

エノキの幼木にはアカボシゴマダラの蛹がぶら下がっていました(写真4)。おそらく4化目の発生だと思います。

f:id:yurumushinomori:20211124234330j:plain

写真4. アカボシゴマダラ Hestina assimilis assimilis の蛹(2021年9月29日)

今日はハグロトンボが沢山飛ぶ姿が見られましたが、近づくと遠くに逃げてしまうので、写真にうまく収めることができませんでした。アキアカネも飛んでいて、こちらは何とか撮ることができました(写真5)。

f:id:yurumushinomori:20211124234945j:plain

写真5. アキアカネ Sympetrum frequens(2021年9月29日)

            

カテゴリー:生き物観察