ゆるむしの森プロジェクト

ビオトープ「ゆるむしの森」の観察、運営活動を中心とする情報ブログ

森の中の幼木

森の中には沢山の種類の幼木が観察されます。成木が見当たらないのに、一体どこから侵入したのだろうと思われるような種類も見られます。草刈り作業中にうっかり切ってしまわないように、慎重に保全、観察を続けています。

写真1はムクノキです。アキニレ、エノキとともにこの森で最もよく見られる種類です。

写真1

f:id:yurumushinomori:20211127102620j:plain

写真2クヌギです。この森にはクヌギの高木はありませんし、周囲にも見当たりませんが、何本かの幼木を観察することができました。どこからかドングリが転がり込んできたのでしょうね。保全対象の幼木は青いテープで目印をつけています。

写真2

f:id:yurumushinomori:20211127102534j:plain

写真3はコナラです。クヌギ同様、こちらも高木はありませんが、幼木がいくつか見られました。貴重な幼木なので、大切に保全しています。

写真3

f:id:yurumushinomori:20211127102549j:plain

写真4はミズキです。森の周辺にはミズキの高木がありますが、森内ではまだ低木、幼木の状態です。

写真4

f:id:yurumushinomori:20211127102643j:plain

写真5クスノキです。森内は常緑樹は非常に少ないので、貴重な種類です。

写真5

f:id:yurumushinomori:20211127103958j:plain

最後はオニグルミです(写真6)。森内をくまなく探して見ましたが、わずか1本のみ生えていました。

写真6

f:id:yurumushinomori:20211127102654j:plain

他にもいろいろな種類の幼木が見られますので、適宜紹介していきたいと思います。

            

カテゴリー:樹木と草本