ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

2022年秋のチョウ

カテゴリー:生き物観察

この記事では、「ゆるむしの森」およびその周辺において、今年の9月下旬から昨日(11月2日)まで見られた主なチョウを紹介します。

秋の黄色い花の野草の代表と言えば、セイタカアワダチソウ(キク科アキノキリンソウ属)とコセンダングサ(キク科センダングサ属)です。どちらも繁殖力が極めて旺盛な外来種で、環境省により生態系被害防止外来種とされてきましたが、コセンダングサは、今年になって外されました。これらの花は吸蜜食性のチョウに好まれ、ゆるむしの森でもこの時期数々のチョウが訪れています。先のブログ記事でも少し紹介しています(→秋の下草

写真1はアオスジアゲハ Graphium sarpedon です。夏はヤブガラシ(ヤブカラシ)によく訪れるチョウですが、この日はコセンダングサで吸蜜していました。

写真1  コセンダングサで吸蜜するアオスジアゲハ(2022年10月11日)

写真2モンキチョウ Colias erate で、同じくコセンダングサで吸蜜しているところです。

写真2  コセンダングサで吸蜜するモンキチョウ(2022年9月26日)

写真3キタキチョウ(キチョウ)Eurema mandarina で、これもコセンダングサで吸蜜中です。ゆるむしの森で最も数の多いチョウの一つです。

写真3  コセンダングサで吸蜜するキタキチョウ(2022年10月21日)

以下はコンセンダングサおよびセイタカアワダチソウで吸蜜するモンチロチョウです(写真4、5)。モンシロチョウ Pieris rapae も多産するシロチョウ科の仲間ですが、この時期、数ではキタキチョウに負けます。

写真4  コセンダングサで吸蜜するモンシロチョウ(2022年10月3日)

写真5  セイタカアワダチソウで吸蜜するモンシロチョウ(2022年10月21日)

5月、7月、9月と数多く見られたアカボシゴマダラ Hestina a. assimilis ですが、10月に入るとほとんど見られなくなりました。写真6は翅が少し痛んだ個体です。この日一頭だけ目撃しました。同じコムラサキ亜科のコムラサキゴマダラチョウも見られなくなりました。これらは樹液食性なので、樹液の衰えと同時に姿を消してしまいます。

写真6  クワの木の葉にとまるアカボシゴマダラ(2022年10月3日)

ゆるむしの森の近くの民家の庭先にタテハチョウ亜科のアカタテハ Vanessa indica がいました(写真7)。普通種ですが、この辺りでは個体数が少なく、見る機会は少ないです。

写真7  民家の垣根にとまるアカタテハ(2022年10月21日)

この時期、個体数で目立つのは何と言っても秋型のキタテハ Polygonia c-aureum です。セイタカアワダソウやコセンダングサに群がるようにいました(写真8–12)。

写真8  コセンダングサで吸蜜するキタテハ(2022年10月21日)

写真9  セイタカアワダチソウで吸蜜するキタテハ(2022年10月21日)

写真10  セイタカアワダチソウで吸蜜するキタテハ(2022年10月21日)

写真11  コセンダングサで吸蜜するキタテハ(2022年10月21日)

写真12  セイタカアワダチソウで吸蜜するキタテハ(2022年11月2日)

キタテハの大発生はこちらのツイート動画でも紹介しています。

イチモンジチョウ亜科のチョウも、数は少ないですが、10月まで見ることができます。写真13はイチモンジチョウ Limenitis camilla です。

写真13  下草にとまるイチモンジチョウ(2022年10月21日)

以下はアサマイチモンジ Limenitis glorifica です(写真14、15)。

写真14  クワの木の葉にとまるアサマイチモンジ(2022年9月26日)

写真15  下草にとまるアサマイチモンジ(2022年9月26日)

写真16、17は、それぞれドクチョウ亜科のツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius の♀と♂です。どちらもセイタカアワダチソウで吸蜜中。北上化を続ける南方系のヒョウモンチョウで、30年前には関東地方では全く見られませんでした。

写真16  セイタカアワダチソウで吸蜜するツマグロヒョウモン♀(2022年11月2日)

写真17  セイタカアワダチソウで吸蜜するツマグロヒョウモン♂(2022年11月2日)

ドクチョウ亜科の種としてはミドリヒョウモン Argynnis paphia写真18)とメスグロヒョウモンDamora sagana写真19)を一回ずつ目撃しました。ミドリヒョウモンは昨年秋も一度目撃しています。

写真17  ノハラアザミを訪れたミドリヒョウモン♀(2022年10月3日)

どちらのヒョウモンチョウも埼玉県東部では滅多に見られない種ですが、県境の千葉県側ではときどき見かけますので、飛来する可能性、あるいは生息の可能性もあります。

写真18  樹木にとまるメスグロヒョウモン♀(2022年9月26日)

クロコノマチョウ Melanitis phedima はジャノメチョウ亜科の南方系の種ですが、埼玉県内でも見ることができます。ゆるむしの森では稀にしか目撃できませんが、毎年見ることができますし(写真19)、幼虫の発生も確認しています。

写真18  エノキ幼木にとまるクロコノマチョウ(2022年9月26日)

写真19シジミチョウ科のウラギンシジミ Curetis acuta です。個体数はそれほど多くないですが、一年中見ることができます。

写真19  エノキ低木にとまるウラギンシジミ(2022年10月21日)

写真20ベニシジミ Lycaena phlaeas です。セイタカアワダチソウで吸蜜中です。

写真20  セイタカアワダチソウで吸蜜するベニシジミ(2022年10月21日)

ゆるむしの森にはアラカシ、シラカシなどのブナ科常緑樹は低木しかありませんが、隣接する神社の森ではシラカシの高木が生えており、これを食樹とするムラサキシジミを見ることができます(写真21)。

写真21  下草にとまるムラサキシジミ(2022年9月26日)

秋に最も多く見られるシジミチョウがウラナミシジミです(写真22、23)。

写真22  コセンダングサで吸蜜するウラナミシジミ(2022年10月21日)

写真23  コセンダングサにとまるウラナミシジミ(2022年10月21日)

セセリチョウ科の仲間ではイチモンジセセリ写真24)、チャバネセセリ(写真25)、オオチャバネセセリ(写真26)を常時見ることができます。

写真24  コセンダングサで吸蜜するイチモンジセセリ(2022年10月11日)

写真25  コセンダングサで吸蜜するチャバネセセリ(2022年10月11日)

写真26  カラスウリにとまるオオチャバネセセリ(2022年9月26日)

11月いっぱいまで、暖かい晴れた日には、セイタカアワダチソウを訪れるチョウを見ることができるでしょう。

                

カテゴリー:生き物観察