ゆるむしの森プロジェクト

ビオトープ「ゆるむしの森」の観察、運営活動を中心とする情報ブログ

ゆるむしの森活動拠点の視察

「ゆるむしの森プロジェクト」は、現在、NPO法人化を目指しながら10名弱で活動を行っている有志の任意団体です。活動内容は昆虫を中心とする生き物観察、生態環境の調査、科学教室・ワークショップの開催、講演会などです。活動の目的として、自然観察や森の保全を通じた科学情リテラシーの向上や自然との共生の目指しています。

今年6月から、埼玉県東部の平野の真ん中にある民有地の森をビオトープ候補地および活動拠点の場として借用し、「ゆるむしの森」と名付けて、まずは調査活動を開始しました。森と言っても、農地内の1ヘクタールに満たない小さな区画です。まだ荒れ地(水田の耕作放棄地)に自然木が生え始めて10年に満たない灌木の森であり、樹高は最高でも10 mほどです(写真1, 2)。今日、メンバー数人で初めて視察・調査に入りました。

写真1

f:id:yurumushinomori:20211122161916j:plain

写真2

f:id:yurumushinomori:20211122161933j:plain

視察してわかったことは、この森は主にハンノキ、アキニレ、および竹林(メダケ)で構成されるエリアに分かれており、部分的にエノキ、ムクノキ、カワヤナギ、クワなども多く見られました。また、クヌギ、コナラ、アラカシ、シラカシ、オニグルミ、イロハモミジなどの低幼木もあることがわかり、これらが全て耕作放棄地に生えてきた自然木であることを考えると、一つの森林生態系形成の初期段階という意味で非常に興味深く感じました。

森の間には田んぼや畑があり(写真3)、平野のど真ん中にありながらいわゆる里地の風景が展開されている印象を受けました。

写真3

f:id:yurumushinomori:20211122161947j:plain

森の直ぐ傍には小川があり(写真4)、水生生物の環境としても期待できることがわかりました。

写真4

f:id:yurumushinomori:20211122162000j:plain

森の中はまだ人が入りにくい状態なので、これから適宜選別・伐採を行ない、調査を続けながら徐々に整備をし、自然観察園としての開設を目指していきます。

今日、観察した昆虫については別ページに記載します(→ゆるむしの森ー初めての生き物観察)。

             

カテゴリー:日記・その他