ゆるむしの森プロジェクト

休耕田に自然発生した森林緑地「ゆるむしの森」の観察、管理・運営活動を中心とする情報ブログ

ゆるむしの森の遠景

カテゴリー:日記・その他

「ゆるむしの森」は関東平野のど真ん中(埼玉県東部)にあります。周囲は水田地帯です。ここでは、初夏から初秋に向けて変化する、水田のあぜ道から見たゆるむしの森の遠景を紹介します。

最初は、田植えが終わった後の水田(北側)からみたゆるむしの森の遠景です(写真1)。右側(東側)にハンノキの森、中央奥にアキニレの森、左側(西側)にアキニレ、エノキ、ヤナギ類が混成する森が見えています。

写真1  ゆるむしの森の遠景(2022年5月12日

写真2は、一ヶ月後の同じ位置からの風景です。イネの苗が青々としてきました。

写真2  ゆるむしの森の遠景(2022年6月13日

写真3は、さらに一ヶ月半後の風景で、少し角度を変えて撮影しています。イネが育ち、稲穂が風で揺れるようになってきました。

写真3  ゆるむしの森の遠景(2022年7月30日

写真4は、9月に入って稲刈りが終わった後の風景です。

写真4  ゆるむしの森の遠景(2022年9月26日

写真5は、畑地から見たハンノキの森の近景です。ところどころにエノキ、アキニレ、ヤナギ類が点在しています。

写真5  ゆるむしの森の遠景(2022年9月16日

9月下旬になっても一部の水田にはまだ刈られていないイネが残っていました(写真6)。

写真6  水田の稲穂とゆるむしの森の遠景(2022年9月26日

              

カテゴリー:日記・その他

セセリチョウ科

2022.10.12更新  ゆるむしの森のチョウ

セセリチョウ科 Hesperiidae に属するチョウの生息は、これまで5種を確認しています。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

チャマダラセセリ亜科 Pyrginae

ダイミョウセセリ Daimio tethys 

●前翅長:16–22 mm  ●時期:4–10月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:ヤマノイモ科(ヤマノイモ、ツクネイモ、オニドコロ、エドドコロ、ニガカシュウなど)

                   

セセリチョウ亜科 Hesperiinae

イチモンジセセリ Parnara guttata

●前翅長:15–21 mm  ●時期:5–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:イネ科(イネ、エノコログサジュズダマススキ、チガヤ、メダケなど)、カヤツリグサ科(シラスゲ、ミヤマシラスゲ)

                   

チャバネセセリ Pelopidas mathias

●前翅長:14–21 mm  ●時期:5–11月  ●目撃頻度:+++  幼虫の食草:イネ科(イネ、ススキ、ジュズダマ、チガヤ、メダケ、メヒシバなど)、カヤツリグサ科(ハマスゲ、ヒメクグ)

                   

オオチャバネセセリ Zinaida pellucida

●前翅長:15–21 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  ●埼玉県准絶滅危惧2型(NT2)[1●幼虫の食草:イネ科(イネ、エノコログサ、クマザサ、ススキ、チガヤ、ミヤコザサ、メダケなど)

                   

キマダラセセリ Potanthus flavus

●前翅長:13–17 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:●幼虫の食草:イネ科(アシボソ、イヌビエ、クマザサ、ススキ、メヒシバ、メダケなど)

                   

上記 5 種以外に、今年(2022年)初めて、ギンイチモンジセセリを目撃しました。近くの春日部市でも目撃例があるようなので生息している可能性がありますが、幼虫などの発生も含めて確認中です。

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018  (6) 昆虫類 ② チョウ目チョウ類: https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

シジミチョウ科

2022.11.08更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」に生息するシジミチョウ科 Lycaenidaeのチョウは、これまで9種を確認しています。ここでは、そのうちの7種の画像を示します。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++で表しています。

                   

ウラギンシジミ亜科 Curetinae

ウラギンシジミ Curetis acuta

●前翅長:20-27 mm  ●時期:3–4月(越冬型)、6–10月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:マメ科(クズ、フジなど)の花や蕾

                   

シジミチョウ亜科 Lycaeninae

ベニシジミ Lycaena phlaeas

●前翅長:14-19 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:スイバ、ギシギシ、ノダイオウなどのタデ科植物

                   

ムラサキシジミ Arhopala japonica

●前翅長:16-22 mm  ●時期:3–4月(越冬型)、6–10月  ●目撃頻度: ●幼虫の食草:アラカシ、シラカシ、イチイガシ、スダジイなどのブナ科樹木

                   

ミドリシジミ Neozephyrus japonicus

●前翅長:18-23 mm  ●時期:6–7月  ●目撃頻度:+  ●埼玉県準絶滅危惧1型(NT1)[1●幼虫の食草:ハンノキ、ヤマハンノキ、ミヤマハンノキなどのカバノキ科落葉樹

                   

ルリシジミ Celastrina argiolus

●前翅長:13-19 mm  ●時期:3–10月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:マメ科(クズ、シロツメクサミヤコグサなど)、バラ科(スモモ、ナナカマド、ノイバラなど)、タデ科(イタドリ、ギシギシ、スイバなど)、ミカン科(キハダ)などの花

                   

ツバメシジミ Everes argiades

●前翅長:10-18 mm  ●時期:4–10月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:アカツメクサカラスノエンドウ、クズ、シロツメクサ、フジ、ミヤコグサなど、多くのマメ科植物

                   

ウラナミシジミ Lampides boeticus

●前翅長:13-19 mm  ●時期:8–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:アズキ、エンドウ、カラスノエンドウ、クズ、ダイズ、ミヤコグサラッカセイなど、多くのマメ科植物

                   

ヤマトシジミ Zizeeria maha

●前翅長:10-16 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:カタバミ科植物(カタバミ、ウスアカカタバミムラサキカタバミなど)

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018  (6) 昆虫類 ② チョウ目チョウ類: https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

タテハチョウ科ージャノメチョウ亜科・テングチョウ亜科

2022.11.02更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」においては、ジャノメチョウ亜科のチョウ5種の生息を確認しています。ここではそのうち4種の画像を載せます。テングチョウ亜科は国内産として1種のみが知られていますが、ゆるむしの森でも稀ですが目撃できます。目撃頻度は:稀 (+)、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

ジャノメチョウ亜科 Satyrinae 

ヒメジャノメ Mycalesis gotama

●前翅長:19–30 mm  ●発生時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:イネ科(イネ、エノコログサジュズダマ、ススキ、チガヤ、ミヤコザサ、メダケなど)、カヤツリグサ科(カヤツリグサ、シラスゲ、ヒメスゲなど)

                   

ヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)Lethe sicelis

●前翅長:19–30 mm  ●発生時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:イネ科(クマザサ、ススキ、ミヤコザサ、メダケなど)

                   

サトキマダラヒカゲ Neope goschkevitschii

●前翅長:28–39 mm  ●発生時期:5–9月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:イネ科(クマザサ、ミヤコザサ、メダケ、モウソウチクなど)

                   

クロコノマチョウ Melanitis phedima

●前翅長:35–45 mm  ●発生時期:3–11月  目撃頻度:●幼虫の食草:イネ科(イヌビエ、エノコログサジュズダマ、チガヤ、ミヤコザサ、メダケ、メヒシバなど)

                   

テングチョウ亜科 Libytheinae

テングチョウ Libythea lepita

●前翅長:20-29 mm  ●発生時期:3–11月  目撃頻度:(+)  ●幼虫の食草:エノキ、エゾエノキ(アサ科)、ソメイヨシノヤマザクラバラ科

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

タテハチョウ科ーイチモンジチョウ亜科・ドクチョウ亜科

2022.11.02更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」には、イチモンジチョウ亜科のチョウ3種が生息しています。ドクチョウ亜科のチョウは1種を確認しています(ほかに偶発的飛来の可能性のある2種)。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

イチモンジチョウ亜科 Limenitidinae

イチモンジチョウ Limenitis camilla

●前翅長:25–36 mm  ●時期:5–10月 ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:スイカズラ、ウグイスカズラ、タニウツギハコネウツギ、ヤブウツギなどのスイカズラ科植物

                   

アサマイチモンジ Limenitis glorifica

●前翅長:28–38 mm  ●時期:5–10月 ●目撃頻度:+++  ●埼玉県准絶滅危惧2型(NT2)[1●幼虫の食草:スイカズラタニウツギハコネウツギ、ヤブウツギなどのスイカズラ科植物

                   

ミスジ Neptis sappho

●前翅長:24–30 mm  ●時期:4–10月 ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:クズ、ナンテンハギ、ハギ、ハリエンジュ、フジなどのマメ科植物

                   

ドクチョウ亜科 Heliconiinae

ツマグロヒョウモン Argyreus hyperbius

●前翅長:28–38 mm  ●時期:4–11月 ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:野生のスミレ類(スミレ、シロバナスミレ、タチツボスミレ、ヒメスミレなど)のほか、スミレ属の園芸種(パンジービオラなど)

                   

ミドリヒョウモン Argynnis paphia

これまで2021年の秋、2022年の秋にそれぞれ一回ずつ目撃しています。埼玉県東部ではほとんど見られない種ですが、生息の可能性もあります。

                   

メスグロヒョウモン Damora sagana

2022年9月26日、ゆるむしの森の近くの樹木で一回のみ目撃(偶発的飛来か、生息しているのかを調査中)

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018  (6) 昆虫類 ② チョウ目チョウ類: https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

タテハチョウ科ーコムラサキ亜科・タテハチョウ亜科

2022.10.21更新  ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」には、沢山のタテハチョウ科 Nymphalidae の仲間が生息しています。これまで生息を確認しているのは19種です。ここではコムラサキ亜科3種とタテハチョウ亜科5種の画像を載せます。目撃頻度は:稀 (+) 、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表しています。

                   

コムラサキ亜科 Apaturinae

コムラサキ Apatura metis

●前翅長:30–42 mm  ●時期:5–10月  ●目撃頻度:+++  幼虫の食草:カワナヤギ、シダレヤナギ、マルバヤナギなどのヤナギ科の樹木

                   

ゴマダラチョウ Hestina persimilis japonica

●前翅長:34–48 mm  ●時期:5–9月  ●目撃頻度:++  幼虫の食草:エノキ、エゾエノキ(アサ科樹木)

                   

アカボシゴマダラ Hestina assimilis assimilis 

●前翅長:38–52 mm  ●時期:4–11月  ●目撃頻度:+++  特定外来生物  幼虫の食草:エノキ、エゾエノキ、クワノハエノキ(アサ科樹木)

                   

タテハチョウ亜科 Nymphalinae

キタテハ Polygonia c-aureum

●前翅長:25–35 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:アサ、カナムグラ、カラハナソウなどのアサ科草本、アカソ、コソバイラクサイラクサ科)

                   

アカタテハ Vanessa indica

●前翅長:30–35 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:(+)  ●幼虫の食草:カラムシ、ヤブマオなどのイラクサ科草本ケヤキ、ハルニレ(ニレ科樹木)

                   

ヒメアカタテハ Vanessa cardui

●前翅長:26–33 mm  ●時期:4–11月  ●目撃頻度:+  ●幼虫の食草:キク科(ハハコグサヨモギなど)、イラクサ科(イラクサ、カラムシなど)

                   

ルリタテハ Kaniska canace

●前翅長:27–43 mm  ●時期:3–5月(越冬型)、6–11月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:サルトリイバラ科(サルトリイバラ、シオデ)、ユリ科ヤマユリホトトギスなど)

                   

ヒオドシチョウ Nymphalis xanthomelas

●前翅長:27–43 mm  ●時期:3–4月(越冬型)、6月、9–11月  ●目撃頻度:●埼玉県絶滅危惧II類(VU)[1●幼虫の食草:エノキ、アキニレ、ヤナギ類

                   

引用文献

[1] 埼玉県レッドデータブック動物編2018  (6) 昆虫類 ② チョウ目チョウ類: https://www.pref.saitama.lg.jp/documents/129694/16reddatabook-chourui.pdf

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ

シロチョウ科

2022.10.12更新 ゆるむしの森のチョウ

「ゆるむしの森」および周辺エリアで、これまで観察できたシロチョウ科 Papilionidae のチョウは4種です。ここでは撮影できた3種を載せます。目撃頻度は:稀 (+)、少ない +、中程度 ++、多い +++ で表します。

                   

モンキチョウ亜科 Coliadinae

モンキチョウ Colias erate

●前翅長:24–33 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:++  ●幼虫の食草:アカツメクサシロツメクサミヤコグサレンゲソウなどの多くのマメ科植物

                   

キタキチョウ(キチョウ)Eurema mandarina

●前翅長:19–27 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:ネムノキ、ケハギ、ウマゴヤシ、ハリエンジュなどのマメ科、クロウメモドキなどのクロウメモドキ

                   

モンシロチョウ亜科 Pierinae

モンシロチョウ Pieris rapae

●前翅長:20–30 mm  ●時期:3–11月  ●目撃頻度:+++  ●幼虫の食草:アブラナシロツメクサ、キャベツなどの多くのアブラナ科植物

                   

カテゴリー:ゆるむしの森のチョウ